KOUNOTOUKITEN

web site

「金継ぎなつか」開設のお知らせ。

始まりは。
夫が洗いカゴから器を引き摺り出し、器の縁を欠けさせる事が度々あり、私が嫌味を言った事から。

「なんぼ器が売るほどあるとは言っても、もうちょっと気を遣ってほしい。」と。

その後、我が家の欠けた器や、良い焼き上がりなのに窯割れした花入など、夫が金継ぎで修復する様になりました。

小さく欠けた器の縁が金で繕われ、今までの物とはまた違った表情になったカップや碗や皿を見ると、思いの外嬉しいものでした。

同じように、気に入っているのに割れてしまった器や、少しの欠けで、あまり出番がなくなってしまった器の修理のお問い合わせをお客様から頂くようになり、夫が修理をはじめました。

私がこの仕事する様になって25年。
20代の頃に作った物が修理にやってくると、大切に使って下さっていたのだなぁと、とても嬉しく感慨深いものがありました。

いつかは再起不能で使えなくなってしまうかもしれない器ではありますが、もう少し長く綺麗に修理してお使い頂ける様に、この度、器の繕いをする「金継ぎなつか」を開設します。

是非、お問い合わせ頂けますと幸いです。

コウノトウキテン・ぼうかい窯
髙野友美

金継ぎなつか ↗

Comments are closed.

© 2022 KOUNOTOUKITEN . All Rights Reserved.